投稿

スタバコーヒーセミナーレポート<ハンドドリップ編>

イメージ
早くも3つ目の受講です。
長い事前から休みが合わなくて参加出来なかった事を考えると、ものすごく順調です。
今回はハンドドリップ編。

年末に買ったフレンチプレスを毎日のように使っているので、ハンドドリップにそこまでの興味はなくて、本当に認定のためのつもりでの受講でした。

ウェルカムドリンクは普通のスターバックスラテ?
‥‥と思わせておいて、販売が始まったばかりの「ディカフェ」でした!
(ブラックエプロンさん、早めに来ていた私に何故かそれを話していたので、私は知っていた‥‥っていう)






まずは基礎知識として、ドリップについて学びます。
ドリップの利点は、手入れが簡単である事。
そしてフィルターが雑味を吸ってくれる事。

ドリッパーも色んな種類があるんだな。
右の写真は、ドリッパーの違いによる抽出時間の違いを比べているところです。

ハンドドリップでおいしく淹れるポイントは3つ。
1 お湯の温度
2 蒸らし
3 注ぎ方

ブラックエプロンのバリスタさんが実際に淹れながら、手順とポイントの説明をしてくれます。
3つのポイントを押さえて淹れたものと、無視して淹れたものとを飲み比べてみると、全っ然違うことがよくわかります。



初めて知ったのは「引き上げ」=コーヒーが落ちきる前にドリッパーを外すって事。
「蒸らし」は知ってたんですけどね。
私はコーヒー豆にそこまでこだわりがなく、普段は安いドリップパックのコーヒーも飲みます。
最後の一滴まで淹れないと勿体ないって思ってました。
(紅茶はそうですよね)
今まで飲んでたのが出がらしだったとは‥‥いや知らなかったなぁ‥‥プチショック。


さていよいよ実際に淹れてみます。

結構ドキドキものですが‥‥私、思ったより上手でした!(笑)
順番が最後だったので、他の皆さんのを見ながらイメージトレーニングを重ねたのが功を奏した?





我ながらめちゃくちゃ美味いコーヒーで、ものすごくいい気になれました(笑)。
他の参加者さんが淹れたのも飲めるのですが、自分のが一番美味しく感じるものですよねぇ?

お楽しみのフードは、リニューアルしたばかりの 「アメリカンスコーン チョコレートチャンク」。 ホイップも付けて貰えました。 スコーンに口の中の水分を持っていかれるお陰で、コーヒーが進む進む!

ハンドドリップってテクニックが要るイメージがあり、難しそうだなーと思っていました…

今頃、トラベラーズノートミニ10周年缶セット

イメージ
購入から一年くらい経っているような気がしますが、しれっと引っ張り出してきましたこちら。


TRAVELER’S notebook Mini 10th Anniversary Can Set トラベラーズノート ミニ 10周年缶セット


ノート類を整理していて「あっ」となりました。
買って、中身確認して、そのまんま。
でした。カビ生えるよ。

発掘ついでに出してみました。
いや、そろそろブルーエディションに続く限定バージョンなど出てきそうだし、これ以上放置してはマズイ気がして。

本体とコットンバッグ、それが入っている紙のケースやその外側に付いている紙タグ(?)まできちんと付いていて、開けた時感動したなぁ。
(なのに、仕舞いこんだ)

今、再感動しました。

表紙と中紙のセット。 ミニチャーム。
何もかもが素敵な小っちゃさ。




感動ついでにリフィルを作りました。
折ってホチキスで綴じるだけという、涙が出るほどありがたい簡単さ。

「表紙と扉の紙が各10枚、中紙は、MD用紙の白とクリームで横罫、セクション、無罫、クラフト紙が各5枚ずつセット」されてるから、沢山ミニリフィルが作れます。
オリジナルのリフィルも簡単に作れちゃう。

何も書けないじゃん!ってくらいのサイズ感が可愛いです。
頂き物のオニオオハシのチャームつけてみました。
カニカンパーツを付けて頂いたので付属の紐を結んだところにそのまま取り付けました。

でもこのチャームは宝物☆☆☆
なので撮影してひとしきり楽しんだら外します(笑)。





ミニは缶にデザインされている物とほぼ同じサイズですね。
レギュラーサイズと比べるとこんなに小さい。

それにしても、もう10周年とは。
ブラックとブラウンしか無かった頃から何気に持っているトラベラーズノートシリーズ、実は全く使ってなかったり‥‥(汗)
ミニリフィル作ったせいか、めっちゃ中綴じしたい衝動に駆られています(笑)。

初めて買ったのがこのレギュラーサイズ・ブラウンだったっけ。

いつかまた海外旅行する機会があったら、行った国で出会った人に何か書いてもらいたいなぁ。






大人買いする辺りだけはしっかりしてる自分。 これ、限定販売なのかと思っていたのですが、未だに見かけます。

スタバの福袋で2017年の始まり始まり

イメージ
あけましておめでとうございます。
2017年はもう少しブログを充実させられるよう頑張ります。

昨日も今日も仕事ですが、スタバの福袋を狙って朝も早よから初売りに参戦してきました!
足が凍りそうになりながらも、「今年は買えるな」という周りの呟きを聞いて、期待大!


買えた~~~!!!

2017年は1種類のみで税込6,000円也。 キャンバストートは内ポケットつきで丈夫そうなつくりです。
反対側もロゴマークが隅っこに入っているのみ、というデザインがシンプルすぎてやや殺風景な印象でした。
中身は‥‥
コーヒー豆が2袋。
お馴染み「ハウスブレンド」と「パイクプレイスロースト」。
これは後日、プレス用に挽いてもらいます。
普段から売ってる豆なのでさほどテンション上がらないけど(笑)あまり普段飲まない種類だからまぁ良しです。

「VIA コロンビア12本入」、「オリガミアソート」。
ローストの違うアソートは飲み比べしたかったのでちょっと嬉しい。

ミディアムローストを中心に組まれています。

グッズは‥‥

「ステンレス製カップ(スリーブ付き)」2個セット。

「サニーボトル」
使いどころがよくわからず手出ししてなかったアイテム。
コールドドリンク専用なのですよね。
氷を入れやすいのは良いけど、保冷機能が無いしステンレスタンブラーがあるので出番なさげ。
そしていきなりのピンクに戸惑いが(笑)。
これだけ手放すかも。
グッズって売れ残りを詰めてるんだと思ってた(失礼)のですが福袋用なのでしょうかね??
タンブラーは5個持ってるから入ってなくて丁度良かったかも(汗)
去年のモレスキン風ノートがすごく羨ましかったので、オリジナルグッズをもっと充実させて欲しかったかな。

他の方のレビュー見てると、全然違うグッズが入っていたりするのですね。
私の最寄り店では「ご自宅やお出かけの際にスターバックスのコーヒーを楽しめるアイテムの詰まった福袋」と告知されており、VIAやサニーボトル・ステンレスカップが入ってる辺り、確かにアウトドア向けっぽい内容になっています。
アウトドアしないから普通に使います。

最後に「ビバレッジカード」4枚セット。
1枚で610円相当のドリンクが飲めます。
封筒も付いて、ちょっとしたプレゼントにも。


去年久しぶりに買ってみようと思って行ったら全然買えなくて。
掠りもしませんでした。
バ…

スタバコーヒーセミナーレポート<エスプレッソ編>

イメージ
早くも2つめのセミナー受講してきました。
目指せ認定!
(大した写真が撮れていませんが)


ウェルカムドリンクは「ホットベイクドアップル」
まだ飲んでいなかったので嬉しい!
‥‥けどこれで十分でした。
試せて良かった!
やっぱりコーヒーか、コーヒーっぽいものが良いな。

既にパスポート用のシールが配られていて、今日はこれらを飲み比べするんだなーとわかります。
実は定番の豆を意外と飲んだことのない私。
季節限定豆(シーズナルコーヒー)ばっかり選ぶからなー‥‥
良い機会です。




2時間のセミナーの内容は、
前半が「エスプレッソ」の基礎知識。
「エスプレッソ」の意味や味わい方、マシンについて等、家庭でエスプレッソを楽しむための基本を学びます。
そして産地の違う豆をエスプレッソで比較テイスティング。

後半は実際にエスプレッソマシン(ポンプ式)を使って自分でカプチーノを作る体験が出来ます。

へー、マシンでフォームミルクも作れるんだ。

タンピング(=豆を平らにならす)が強すぎたらしく抽出は理想とはかけ離れた出来に。(もんのすごく苦い。超絶苦い)
でもフォームミルクを載せて出来たカプチーノはとても美味しかったという謎。




下手な抽出でもこんなに美味しいなんて・・・
上手くできたらどれだけ美味しいんだろ?

マシンを買う気など全く無く、ただパスポートカバー欲しさに参加したセミナーでしたが‥‥
これは間違いなく、欲しくなります!
エスプレッソマシンが!
2万5千円って、安くはないけど手が届かない訳でもないお値段。
今すぐにとは思わないけどいつか手に入れて試行錯誤してみたい。
使いこなしてみたくなります。

ちょっとだけフードペアリングもあり。
温めた「チョコレートチャンククッキー」。
あまり注目していなかったフードだったので、美味しさにびっくりです。


記念品は小さめサイズのペアカップ。
これはデミタスなのかな?

サンプルの豆は
「エスプレッソロースト」
「クリスマスブレンド エスプレッソロースト」
でした。

スタバコーヒーセミナーレポート<おいしいいれ方・クリスマス編>

イメージ
スターバックスコーヒーセミナー「おいしいいれ方 クリスマス編」に参加してきました!

やっと、やっと果たした初参加!
セミナーの存在はずっと前から知っていたものの、なかなか休みが合わず、なっかなか参加できなかったのです。



ウェルカムドリンクとして出してくれた「スノーピーカンナッツラテ」
可愛いサイズの耐熱グラスは以前販売していた物だそうで、復刻しないかなぁ。

名札はこの店のオリジナルで作ってくださっているそうです。
嬉しい心配り。
隣の方の名札には★マークのスタンプがあり、4種類あるセミナーをすべて受講すると「認定証」と「コーヒーパスポートカバー」が頂けるとな!!??

それはそれは、ぜひ全てのセミナーを受講しなければ!
(一体いつ達成されるのやら)







このセミナーは約2時間。
前半はコーヒー豆の基礎知識とおいしく淹れるための基本を学びます。
後半では実際に淹れて、テイスティング‥‥という流れです。

知識の話は省略させて頂いて、後半の美味しい部分の話を(笑)。
クリスマス編ということで、「クリスマスブレンド」、「ブロンドロースト」、「エスプレッソロースト」の3種を比較テイスティング。
同時に飲み比べると違いがよくわかります。

コーヒープレスを使って「クリスマスブレンド」を実際に淹れてみます。
続いてミルクフォーマーを使ってフォームミルクを作り、コーヒーに載せ。
テンプレートと、発売されて間もない「シナモン&シュガー」を使って簡単なラテアート。

なんて見事なラテアート‥‥‥
鋭角が多い型だときれいに出すのが難しいみたいです。
(シナモンNGな方のためにココアパウダーも用意されています)
ただの普通のカプチーノですが、不思議とものすごくウマく感じます(笑)。


フードも出てきます。
「Coffee & Espresso ケーキ シュトーレン」
「クランベリーブリスバー」
「デニッシュスティックチョコレート」
の3種を一度に試せました。
これは嬉しい!
うち2つは既に食べた事があるけど、3種いっぺんに食べ比べなんて普段は出来ない事。

私は豆の種類とかはけっこう何でも良くて、それよりも食べものとの相性を考えるのが好きなのでここが一番楽しかったかも(笑)。
普段も「本日のコーヒー」を選んだらそれに合うフードを選び、食べたいフードがある場合はそれに合う豆を教えてもらっ…

ほぼ日手帳・2016年の使い方

イメージ
数年ぶりに「ほぼ日手帳」に戻った理由は、映画のチケットや食べたものなど、やはり何かしらに残しておきたいなと思ったから。
当然ながらその間の数年間は、きちんとした形の記録が残っていません。
あの映画いつ見たんだっけ?どこそこに行ったのあれ食べたのいつだっけ?
‥‥となってしまって、せめてスクラップだけでもと思い、また手帳を使うことに。

以前は凝ったコラージュなどした事もありましたが、時間がかかりすぎるし、分厚くなり過ぎるのも嫌になりました。
思えばやり過ぎだったのでしょうね。

それで2016年は、「凝りすぎず、貼るだけ」と決め、文章もキャプション程度に。









貼るものは買ったもの・食べたもの・チケットやラベル類。

写真はチラシやカタログを切り抜くか、ネットから拾えるものは極力拾い、コンビニで印刷しています。
(Wordで並べてPDF化する)
超絶キレイ!だし、何しろ自宅プリンタが動かなくなってしまったので。

マステやシールは雰囲気の合う物があれば飾る程度に。
「てはさんの日付シート」にもお世話になってます。

予定管理ではなく、終わった事の記録として書いたり貼ったり。


見栄えの良いページを抜粋しております(笑)。 雑誌の付録にハマっていたり。 スター・ウォーズにどハマリしたり。 (暗黒面に落ちたアナキンが好きでした)
書く事が少なかったページに、隣ページの記録を広げてます。
日付シートのみか、勤務時間の記入しか無いページ。 こんな日も結構あるんです。



それでも9月の時点でこの厚み。
うーん、やっぱりあんまり厚くなるのは好きじゃないです。
2017年は別の手帳にスクラップするつもり。

あと、久々に使ってみて、ページ下の「言葉」がどうしても邪魔で、目につきます。
たまにグッとくる言葉もあるのですけど。

それでもほぼ日を選んだのは、「180度パタンと開く」「紙の薄さ」「方眼」など、高ポイントな部分も多いから。
「言葉」に関しては、「Planner」にすれば良いんだ、って初めて気が付いた(遅っ)ので、2017年はPlannerを選んだという訳。

しかしスクラップしないなら何書くの?‥‥ってなってます今。

2016年版に着けているカバーは2012年の「マキノコレクション・モノトーンチェック」
真っ黒だけどよーく見ると柄があり、悪目立ちもせず、数年ぶりの使用でも非常に気に入って使えてい…

手帳会議2017・ほぼ日手帳

イメージ
秋なので来年の手帳の事から。
2016年は数年ぶりに「ほぼ日手帳」を使っています。 ジッパーズを使ってみたくて、気に入るデザインが出たら迷わず買おう! と決めていました。

目出度く好みのカバーが出てくれたので2017年版ゲット。 ミナ ペルホネンtambourine(タンバリン)、オリジナルとカズンの両方です。 オリジナルはPlanner、カズンは月曜はじまりにしました。 持ち歩く予定が無いのでavecではありません。
実物が見られないので、ネットの画像を頭の中で拡大した何となくのイメージと、数少ないレビュー記事しか情報がなく、届くまで少々ドキドキでした。 2つ合わせるとなかなかのお値段ですからねー‥‥




実際にはネット上で見た印象よりもざっくりした手触りです。 特にミナのファンではないのですが、落ち着いた色味にポコポコした刺繍がアクセントになり、可愛すぎず地味すぎず渋すぎず、雰囲気があって気に入りました! 部屋の中、持ち物の色数を抑えるべくシフト中で、でもカッチリ無機質を目指しているわけでもない、今の自分に合っていると思います。
tambourine(black) オリジナルを開いたところ。
カバー&Planner本体セット 12,420円(税込)




tambourine(gray) カズンのカバーを開いたところ。
カバー&本体セット(月曜はじまり) 16,740円
こちらはマルチケースとして収納に使うつもりです。 そもそもジッパーズを使いたいと思ったのは、色々詰め込んで使っている方のインスタを見たのがキッカケ。
何を詰め込むか考え中‥‥ 気が変わったらカバーに戻せば良し、かと言って普通のマルチケースだと手帳カバーにはならないので、汎用性が高いと思います。
しかしカズンのジッパーズは想像よりもかなり大きくて存在感ありますね。 届く前に札幌ロフトで初めて実物を見て「デカっっっ!!!」とのけ反りそうに(笑)。
(キャンバスの赤・白も気になっていたカバー。  白→汚れが気になる。赤→好みの赤じゃない。ので、私はミナを選んで正解でした)


ヌメ革の引き手には蝶のカシメ付き。


ほぼ日ストア購入特典の「バタートーストのちいさなお皿」も可愛いです。

しかし重大な問題がひとつ。 2017年版の本体の使い方を決めてません! 「今年の使い方を継続しない」事だけは決定済みなのですが。 カズンも3度ほど使った事はあるけど、ま…