スタバコーヒーセミナーレポート<ハンドドリップ編>

早くも3つ目の受講です。
長い事前から休みが合わなくて参加出来なかった事を考えると、ものすごく順調です。
今回はハンドドリップ編。

年末に買ったフレンチプレスを毎日のように使っているので、ハンドドリップにそこまでの興味はなくて、本当に認定のためのつもりでの受講でした。

ウェルカムドリンクは普通のスターバックスラテ?
‥‥と思わせておいて、販売が始まったばかりの「ディカフェ」でした!
(ブラックエプロンさん、早めに来ていた私に何故かそれを話していたので、私は知っていた‥‥っていう)






まずは基礎知識として、ドリップについて学びます。
ドリップの利点は、手入れが簡単である事。
そしてフィルターが雑味を吸ってくれる事。

ドリッパーも色んな種類があるんだな。
右の写真は、ドリッパーの違いによる抽出時間の違いを比べているところです。

ハンドドリップでおいしく淹れるポイントは3つ。
1 お湯の温度
2 蒸らし
3 注ぎ方

ブラックエプロンのバリスタさんが実際に淹れながら、手順とポイントの説明をしてくれます。
3つのポイントを押さえて淹れたものと、無視して淹れたものとを飲み比べてみると、全っ然違うことがよくわかります。



初めて知ったのは「引き上げ」=コーヒーが落ちきる前にドリッパーを外すって事。
「蒸らし」は知ってたんですけどね。
私はコーヒー豆にそこまでこだわりがなく、普段は安いドリップパックのコーヒーも飲みます。
最後の一滴まで淹れないと勿体ないって思ってました。
(紅茶はそうですよね)
今まで飲んでたのが出がらしだったとは‥‥いや知らなかったなぁ‥‥プチショック。


さていよいよ実際に淹れてみます。

結構ドキドキものですが‥‥私、思ったより上手でした!(笑)
順番が最後だったので、他の皆さんのを見ながらイメージトレーニングを重ねたのが功を奏した?





我ながらめちゃくちゃ美味いコーヒーで、ものすごくいい気になれました(笑)。
他の参加者さんが淹れたのも飲めるのですが、自分のが一番美味しく感じるものですよねぇ?

お楽しみのフードは、リニューアルしたばかりの
「アメリカンスコーン チョコレートチャンク」。
ホイップも付けて貰えました。
スコーンに口の中の水分を持っていかれるお陰で、コーヒーが進む進む!


ハンドドリップってテクニックが要るイメージがあり、難しそうだなーと思っていました。
やってみると意外と面白くて、奥深そうで、手を出したらハマるかもなー

今はプレス式の手軽さにハマっているから、コーヒーライフをワンランクアップさせたくなったらまた受講してみたいです。





お土産の豆は今回淹れたのと同じ「カフェ ベロナ」と、限定豆「トリビュートブレンド」。
「ディカフェ」のシールも貰えました。
そして記念品はスタバオリジナルのセラミックドリッパーです。
なんて豪華な!こりゃハンドドリップするしかなくなっちゃいますね。


4つ目のセミナー「フードペアリング」も都合がついて早々に予約入れました!
つまり、認定確定です!

コメント

このブログの人気の投稿

手帳会議2017・ほぼ日手帳

ほぼ日手帳・2016年の使い方

何かをしたい気持ち